2014/3/28
北海道日興通信株式会社

WEB・クラウド連動新世代オンエアCGシステム
QUMO発売開始のお知らせ



 NIXUS-北海道日興通信株式会社(本社:北海道札幌市中央区 代表取締役社長:鈴木 範夫)は、インターネット・クラウド時代の新世代オンエアCGシステムのQUMOを販売開始しましたのでご案内申し上げます。
以下に製品の概要をまとめましたのでご高覧の上、よろしくお取り計らいの程お願い申し上げます。

qumo
QUMOの概要 
 QUMO(クーモ)は、WEB向けオーサリングツールAdobe FlashやHTML5(※1)で作成したCGを放送用グラフィックスとしてHD-SDI信号で出力する、新しいオンエアCGシステムです。FILL/KEY出力に対応し、ボケやハーフなどFlashコンテンツのアルファ情報を持ったオブジェクトでもカメラ映像との精細な合成が可能です。またWEBやクラウド上の情報を取得し、即座にオンエアに反映できます。QUMOはNIXUSと株式会社TBSテレビ殿との共同開発で生まれ、2014年3月31日からオンエアされる、朝の情報新番組でQUMOが使用されます。
選挙などの特別番組から、バラエティまで多彩な用途に柔軟に対応できるシステムになっています。


Adobe Flash/HTML5(※1)で作成したコンテンツがオンエアCGに
 QUMOは、これまでのテロップシステムのように専用の作画ソフトではなく、Adobe Flash/HTML5(※1)で作成したグラフィックをHD-SDI信号で出力することができます。アルファチャンネルを設定すれば、そのまま抽出し、FILL/KEY出力が行えます。またStage3D, ActionScriptなどのFlashの最新機能にも対応し、複雑な3Dコンテンツ作成も可能にします。
FlashでオンエアCGを
SNSへの投稿やアンケート結果をリアルタイムに放送に
 Twitter, Faceboook等のSNSの情報を、QUMOのみで簡単にオンエアでき、視聴者の声を即座に放送できます。インターネットでのアンケートやメール投稿等、様々なデータを取得し、即座にグラフなどのグラフィックに反映、わかりやすく表示ができます。
WEBの情報をリアルタイムに


自由度の高い、新しい送出操作を
 Flashで作成したコントロールソフトを使用して、送出機の操作が可能です。マウス操作でCGを好きな位置にその場で動かすことができる等、柔軟性が持ち、またタイトルを出しながらサイドスーパーをチェンジする等、通常のテロップステムでは扱いにくい操作が簡単に行え、インタラクティブにオンエアできます。
自由な送出を


 今後も北海道日興通信株式会社は「伝える技術」を核に放送局から個人の方まで、使いやすい製品をリリースしていきます。
QUMOについて、詳しくはこちら QUMO

※1 HTML5は2014年対応予定
※ 本文に記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp