2018/02/06
北海道日興通信株式会社

テレビ局品質のテロップをライブストリーミングに
テロップ送出システム「TELOP BOX」
NewTek社TriCaster対応のお知らせ



NIXUS-北海道日興通信株式会社(本社:北海道札幌市中央区 代表取締役社長:鈴木 範夫)の、ノートPCで放送局品質のテロップを可能にしたトータルテロップシステム「TELOP BOX」が、米国 NewTek 社のライブ配信システムTriCasterとの連携に対応しましたのでご案内申し上げます。以下に製品の概要をまとめましたのでご高覧の上、よろしくお取り計らいの程お願い申し上げます。

TELOPBOXがNDI(R)に対応しました

TELOP BOX for NDIⓇの概要

TELOP BOXは、ノートPCで放送局品質のテロップを可能にしたトータルテロップシステムです。 米国 NewTek 社の提唱するIPプロトコル「NDIⓇ」に対応したことにより、オールインワン番組制作・ライブ配信システム「TriCaster」との連携が可能になりました。
TELOP BOXからTriCasterに、直接テロップを出力できます。
長年、地上波テレビ放送のオンエアで培ってきたNIXUSの技術とノウハウを、ライブストリーミングに。
高品質CGが迫力あるライブ配信を演出します。
NIXUSの技術をライブストリーミングに



1. 3Dテロップや動画テロップも。
誰でも簡単に高品質テロップが作成できます。
TELOP BOXの作画ソフトは、放送局品質のテロップを実現する、様々な機能を備えています。色や透明度のグラデーション、多彩な装飾、3Dや動画を含む迫力の効果も。シンプルかつスピーディに高クオリティのテロップを作成できます。
すぐに使えるフリーのサンプルテロップも豊富にご用意。扱いに慣れていない方やデザインの苦手な方でも、すぐにテロップの作成が行えます。
NIXUSの技術をライブストリーミングに



2. 使い勝手重視のスケジュールソフトと送出ソフト
スケジュールソフトは、マウス中心のオペレーションで高度な番組作りを実現します。 「番組」-「放送」-「項目」の階層に分けテロップを管理することで、効率的に大量のテロップを管理できます。
テロップの並び替えや他社製ソフトで作成した画像のインポートもマウスでドラッグ&ドロップするだけ。
動きがあるテロップもPCモニター上で確認ができるなど、使いやすい工夫が凝らされています。
送出操作も簡単。作成したテロップをTAKEボタン1つで送出できます。テロップや項目をスキップしたり、送出したいテロップにジャンプするのもクリックするだけ。直感的な操作で行えます。
送出ソフトとスケジュール登録ソフト


今後も北海道日興通信株式会社は「伝える技術」を核に放送局から個人の方まで、使いやすい製品をリリースしていきます。
TELOP BOXについて、詳しくはこちら TELOP BOX


このリリースに関するお問い合わせ先
北海道日興通信株式会社
〒060-0041
北海道札幌市中央区大通東7丁目12-33 水野ビル
担当 : 赤岡 山根 重吉
電話 : 011-251-4251
FAX : 011-251-4564
URL : www.nixus.jp
E-mail :kikaku@nixus.jp


*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
NDIⓇ は、米国 NewTek 社の登録商標です。
*TriCasterは、米国 NewTek 社の登録商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は各社の登録商標または、商標です。
*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*当プレスリリースに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。

北海道日興通信株式会社 nixus.jp