1





バラエティでもニュースでも。
視聴者のツイートを番組にプラス!

TweetConnection2(ツイートコネクション2)は、Twitterへの投稿をリアルタイムに収集し当社CGオンエアシステムと連携してオンエアできる、Twitter収集・登録ソフトウェアです。シンプルな操作で、少人数でもスピーディにTwitter放送が行えます。

TwitterAPIからツイートを検索・取得しデータベース化する[収集ソフト]と、任意のツイートを連携対象のシステムに登録、またはCSV形式に書き出すことができる [登録ソフト]、データの集計、ツイート数の推移などをグラフ化し視聴者の関心度を解析できる [解析ソフト]の3つのソフトから構成されています。



キーボード中心の簡単操作。
手入力での記事登録も可能です。

TweetConnection2は、視覚的にわかりやすい操作画面を備えています。自動更新されるタイムラインから放送したいツイートを選択して、Enterキーを押していくだけ。

即時性を必要とする生放送のために考えられた簡単な操作で、オペレーターの負担は最小限にTwitterを番組にプラスできます。

また、記事の手入力も行えます。ツイートとしてだけではなく、メール本文やFAXとして登録する機能も搭載。様々な用途にお使いいただけます。



キーワードや日時で絞込み。
放送したいツイートだけを簡単に。

検索欄に任意のワードを入力するだけで、含まれるツイートのみをタイムラインに表示させることができます。あらかじめ複数の検索ワードを登録することも可能。登録したワードをクリックすれば、欲しい情報のツイートだけを表示できます。
番組で独自のハッシュタグを用意してツイートを募集すれば、視聴者のツイートだけを見ることができます。

さらに、ツイート日時での絞り込みや、文字数での絞り込みにも対応。番組開始前や終了後のツイートも収集できます。



複数端末でのツイート記事登録に対応。

投稿頻度が高い場合は複数の端末で登録ソフトを起動し、1つのデータベースを複数のオペレータで参照することも可能です。各端末が取得するツイートは重複しないように管理されます。番組の構成に合わせて柔軟な対応ができます。



ツイート数の解析が可能。

さらにデータベースに登録されたデータを集計し、PC上でリスト化やグラフ化することができます。グラフは円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフから選択でき、色の指定も行えます。

例えば、ツイート数の多かったワードや時間ごとの推移などをグラフ表示することが可能。オンエア中もリアルタイムに更新されます。解析したデータはCSVファイルとしての出力も行えます。視聴者の興味や関心度がそのまま現れますので、今後の番組作りに欠かせないツールとなります。

また、解析はクエリファイルにて行うため、SQLの知識のある方なら独自でファイルを作成しあらゆる解析が可能になります。





カタログダウンロード。

TweetConnection2のカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード




ご購入について。

TweetConnection2のご購入についてご検討いただきありがとうございます。
TweetConnection2はお客様のご要望に合わせ、ベストなハードウェアやシステムでご提案させていただいております。
お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。